最速で最高の集中力を引き出す習慣

前回は集中力の高い人が行っている3つのルールということでお届けしてまいりました!


さて、今回は前回に引き続き「集中力」についてです!

いかに最速で集中できる状態に持っていくのか?

調べてみると、そこにはしっかりとした科学的根拠に基づいた方法がありました!

今回は
「いかに早く最高の集中力のある状態に持っていくか」そのための習慣についてお話をしていきたいと思います

集中力を高める習慣

クリックすると新しいウィンドウで開きます

迷いをなくしてウィルパワーを節約

前回のブログでもお伝えしました、「ウィルパワー」は前頭葉から出るいわゆる集中力の源になるものです

このウィルパワーは集中しているときはもちろん消費するのですが、それ以外に
・決断を迷ってるとき

・何かを我慢しているとき

・心の奥で気になっていることがあるとき

などいわゆる「選択」や「決断」といった環境下でも消耗されてしまうというものです


つまり、タスクが多すぎて何をしようか悩んでいるときや、やりかけのことがあるまま違うことを始めるなど、あれもこれもとやっていると、集中力の方にウィルパワーが回らないため、パフォーマンスが上がりにくくなります

ウィルパワーを無駄にしないため、この決断や洗濯を「習慣化」によってこうりつかしていくとより集中力を保ちやすくなります

成功者が行っている「7本のハンガー」

クリックすると新しいウィンドウで開きます

これは、かの有名なスティーブ・ジョブズ氏も行っていた方法だといわれています

どの写真や動画を見ても、ジョブズはいつも黒のシャツにデニムという服装でした


普段の生活の中で、選択の少ないほどより集中力は高まります

7本のハンガーを使って、日常生活の選択する場面を減らしていくというものです


具体的には、7本のハンガーに1週間分の自分の着る服をあらかじめ用意しておくことで、毎朝の服を選ぶ時間や決断するのに消費するウィルパワーを節約していこうというものです


人によっては朝の一番悩ましい時間ですが、これなら仕事にも集中できそうですね!

デートの時は

「いつも同じ服着てるよね!」

なんて言われないように気を付けましょう!

即時即決が最高の集中力を生み出す!

クリックすると新しいウィンドウで開きます
いざ集中して仕事に取り組もうとすると、実は余計な雑務がどんどん入ってきて、本当にやりたい仕事に対して集中しきれない

ということはありませんか?

日常生活は小さな決断、判断の繰り返しです

この小さな雑務をいかにして無駄な決断力を使わずに「仕組化」して乗り越えるのか

ここが仕事をより集中してこなすためのポイントになります


上でも書きましたが、ウィルパワーの無駄な消費を避けるために、なるべく選択肢は少なく、決断は少なく、短い時間で行うのが望ましいです

具体的な方法としては

・机を片づける

・携帯電話やスマホは目に見得ないところにしまっておく

・携帯やスマホはマナーモードが電源を切っておく

・他の仕事のものは近くにおかない

などが有効です

早起き習慣が集中力を付ける!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

個人的にはこれが僕の中では最高の集中力を高める習慣だと思っています

超早起き最高です!


これは時間のコントロールと、集中できる環境づくり、両方を一気に行うことが出来るので、これによって生活はガラッと変わります

朝を制する者がビジネスを制する

一日の中で最も集中力が高いのは

十分な睡眠をとって朝食を食べた後の30分間

だそうです


特にこの30分を「ゴールデンタイム」と呼びます

このゴールデンタイムを毎朝活用することで、より生産的な仕事ができるようになります


また、成功者ほど、朝の時間帯に体を動かしたり、汗をかいたりしていることがわかっています

朝日光に当たることで、セロトニンという幸せホルモンが分泌され、よりポジティブに日常生活を送ることが出来ます

朝が一番有効活用しやすい

朝は誰にも邪魔されにくく、急な予定も入らないため、仕事終わりの夕方や、家族と過ごしている夜と比べ自分の思うように活用しやすい時間帯です

つまり、邪魔が入らず、少ない選択肢の中で集中して作業しやすいのが浅野次官というわけです

いつもバタバタしていて時間がない

やりたいことがあるのに、なかなか着手できずにいる

そんな方に程、この早起き習慣をお勧めしています

24時間を有効に過ごすために最も大切なのは朝の10分

自分の人生において大切な意思決定は朝の10分に終わらせるということが大切です

朝の10分でその日一日の目標を立てたり、タスクを決めます

もし具体的に目標が決まらなければ

・自分がやりたくないこと

・こうはなりたくない未来

など具体的に挙げていきましょう


やりたくないことなどを明確にすると選択肢が減って、より集中しやすい環境を作ることが出来ます


日中や夕方以降はどうしてもやることに追われてしまいがちです


そのため、集中した環境を作るための大切な決断は朝の時間に終わらせるようにしましょう!



以上になります

いかがでしたか?

結局はタスクを絞って、なにかに一点集中できる環境づくりが、集中力を高めるのに最も有効ということが言えますね


ではまた!


参考文献

http://nagayoshi-seikotuin.com/

コメント